30代の妊娠~育児~妊活記録

メイントピックは現在の妊娠のこと、オーストラリアでの育児について書いています。第一子の切迫早産の辛い入院体験記、34wで生まれた早産児の成長記、妊活についても書いています

妊娠中でもカフェイン摂取できるんだってば

日本だと意識高い系(意識が高いわけではない)の妊婦さんはカフェイン断ちしますよね。必須の栄養素ではないのであえて取る必要はないですけど、そんなに目くじらを立てなくてもとは思います。一応、勤め先の研究所ではコーヒーも扱っているのでコーヒーが悪者にされると悲しい・・・。

 インターネットの情報は上手く取捨選択をしよう

「妊娠 カフェイン」でgoogle検索すると、一番トップに来るのがこのページ

192abc.com

出たよ・・・こそだてハック・・・けっこうヘンテコ情報が載っているんだよな・・・。このページを監修しているのは助産師さんでした。嫌な予感が・・・助産師さんには申し訳ないのだけど、助産師さんの言う食べ物系の話ってあんまり信用できない*1んですよね・・・。

以下引用↓

妊娠中の体はカフェインの分解に時間がかかってしまい、胎盤を通じてカフェインがお腹の赤ちゃんに移行しやすくなってしまいます。その結果、流産や早産、低出生体重児、発達障害の原因になるとする研究結果もあります。

(確かに、そのような研究結果はあるようです。カフェインの作用系の論文って死ぬほどありますからね。)

カフェインが赤ちゃんの成長に及ぼす影響についてまだはっきりしていませんが、

(実際、そうなんです。あんまり明確にされていないんです)

万が一を考えて、カフェインを含むコーヒーや紅茶などの摂取量には注意が必要です。

(で、、、、でた万が一!!!妊婦を一番恐怖に突き落とすワード!!!)

1日のカフェイン摂取量が100㎎を超えると、自然流産率が増加するというデータがあります(※1)。1日のカフェイン摂取量は、100㎎までに抑えるといいでしょう。つまりコーヒー1杯程度にとどめておくと安心です。

※1専門誌からの引用か・・・・せめて何巻かとページを書いてほしいし、なんなら論文を引っ張ってきてほしい)

www.medica.co.jp

世界の基準は?

日本だとあまり研究がされていないので、特に基準は設けられていません。ちなみに世界基準だと300mgくらいとのこと。わかりやすく東京都福祉保健局のページでまとめてくれています。変なサイトより、行政のページを参考にしてほしいな!お姉さんとの約束だよ!

Q.コーヒーにはカフェインが含まれているので、飲むと胎児に影響があると聞きました。本当ですか?またどのような食品や飲料に、カフェインが含まれていますか?

food-faq.jp.net

東京都福祉保健局のページより引用↓

海外機関の状況

 

 日本人はそこまでカフェイン摂取をしないのであまり研究が進んでいないのですが、日本人はカフェイン分解が得意な人種なのでもうちょっといけそうな気はします。

女医さんのブログを参考にすべし

個人的に参考にしたいのが女医さんの子育てブログ。これまでもいろいろな人を紹介してきましたが、特にHAL@36歳女医さんは引用論文まで書いてくれるので大好き!(noteを購入して応援しようかしら・・・)

halproject01.blogspot.com.au

もちろん、医師にもトンデモ医師というのが存在するのは事実なんですけどね・・・

 でも、私が言うのも何ですが素人のwebライターが適当に書いたキュレーションサイトを信用するよりは第一線ではないにせよ、プロが書いたものの方が信じられますし、論文をきちんと引用してくれるとさらに信頼できます。

妊娠中でもカフェイン摂取できます!

結論としては妊娠中でもコーヒー・紅茶飲めますよっていうね。そうじゃなくても妊娠中は制限が多くてストレスが溜まるので、変なところを我慢するのはやめましょう!!!ただ、ガブガブ飲みたい人はカフェインレスにしてくださいね。

 カフェインレスの商品はたくさん出ているのですが、その中でも美味しいけどなぜか知名度がなくて応援したい商品を紹介します。

ルイボスティー

このルイボスティーは土臭くなくて軽やかで飲みやすい風味なのになぜか売れてないんだよね・・・美味しいものだからといって売れない良い例(悲しい)

カフェインレスカフェオレ 

カフェインレスブームにのっかって発売されたものの、そこまで売れないという・・・カフェインレスの割には本物っぽく仕上がっている一品なのにな・・・

 

 

他にもお役立ち情報がたくさん♩ 

にほんブログ村 マタニティーブログ マタニティーライフへ
にほんブログ村

 

*1:妊娠中の食べ物が子供のアレルギーにとか、母乳の話とかね・・・うんざり