30代の妊娠~育児~妊活記録

メイントピックは現在の妊娠のこと、オーストラリアでの育児について書いています。第一子の切迫早産の辛い入院体験記、34wで生まれた早産児の成長記、妊活についても書いています

赤すぐの体験記って炎上ネタ多くないですか?(予想外の陣痛編)

前回に引き続き、赤すぐの体験記についてお話ししたいと思います〜。

atenami.hatenablog.com

今思うと自分をほめたくなる話らしい

 36週で予想外に陣痛が始まったとおっしゃている話。正直、この感想には叩きが入ってしまうかもしれない(削除しろとかは言わないよ!wただの感想!でも、あまりにも無謀すぎて如何なものかと思ってはしまった)

 <要約>

当時、熊本市近郊に住んでおり、上の子たちの希望でハウステンボスに行く計画を以前から立てていました。「まだ出産まで1ヶ月あるから大丈夫」と、安心しきっていました。休憩を取りながら、約3時間のドライブの後、ハウステンボスに到着しました。たくさん歩き回りへとへとでしたが、充実した1日を過ごせました。

異変を感じたのは、次の日の朝5時頃でした。しかしその日は、子どもたちが最も楽しみにしていたアスレチックをする約束だったので、それを最優先に考えていました。昼頃、陣痛のような痛みを感じましたが、休憩を取りつつ、乗り切り、3時ごろ帰路につきました。

帰宅後、子どもが夕飯を食べている頃には、陣痛は10分間隔を切っていました。慌てて病院に電話をし、子どもたちも一緒に病院へと向かいました。内診の結果、子宮口がすでに6センチ開き、順調にお産が進み、9時半前には無事に息子が生まれました。

産後、看護師さんからは「陣痛が始まっていたのに、我慢強かったねぇ」と褒められましたが、先生には「高速道路で破水していたら、ドクターヘリを呼ぶ羽目になっていたよ」と言われ、ぞっとしました。 先生からは「37週以降は旅行には行かないように」「車の揺れは陣痛を促進する」と退院時にも釘を刺されました。

<感想>

予想外でもなんでもなくない???無知なだけじゃない???無謀なだけじゃない???と思ってしまいました。3人目の妊娠ともなると子宮頸管と子宮口がとても柔らかくて早産リスクが上がるのに、36週経過ってもういつ産まれてもおかしくないと思うのは、私が早産体質だからでしょうか。

マタ旅の影響で沖縄のNICUはいっぱいになりがちだとか、ディズニーランド近くの産婦人科にはしょっちゅう緊急搬送されるという話はあんまり有名じゃないのかな。飛行機でも早ければ大概が32週以降の妊婦の搭乗をお断りしているのって、産まれるリスクがそこそこあるあるからですよね。産婦人科医は37週以降じゃなくても遠出の旅行は推奨しませんよね。

加えてこの方は看護師さんから「陣痛が始まっていたのに、我慢強かったねぇ」と褒められたことにより、当時の自分を褒めたくなるらしいのですが、これは無知だったのを心底恥じるべきなのでは・・・と思ってしまいました。なんだか感覚が違う・・・。

<妊娠中にオススメの本>

マニュアル好きなので本はけっこう読んでいます。妊娠に関する本でオススメはこちらです。

辞書がわりにどうぞ! 
すべてがわかる妊娠と出産の本

すべてがわかる妊娠と出産の本

  • 作者: ハイディマーコフ,サンディハザウェイ,アーリーンアイゼンバーグ,竹内正人,森田由美
  • 出版社/メーカー: アスペクト
  • 発売日: 2004/10/15
  • メディア: 単行本
  • 購入: 6人 クリック: 91回
  • この商品を含むブログ (21件) を見る
 

医者が書いたわけではないのですが、妊娠中のトラブルとその対処にとても詳しい本。アメリカ人が書いた本なので、内容がちょっとアメリカ向けだけど、産婦人科医が監修をしていて、捕捉でちゃんと日本向けのことも書いてあります。この本が専門家向けではなく一般向けで一番詳しいといっても過言ではない。スピリチュアルな内容もないので本当にオススメ。心配性の初産婦さんはこれを買って辞書代わりにすることをオススメします。

経産婦さんも当時のマイナートラブルはすっかり忘れているのでチラチラっと読んでおくといちいちネット検索しなくて済むので楽です。海外で行われている出生前診断についてもすごく詳しく書いてあるので、私もこれをもう一度読んでおけばよかったと猛烈に後悔しております・・・!産後のトラブルも詳しく書いてありますよ〜!

 毎日の経過を知りたい場合はこちら

毎日の胎児の成長や自分の体の変化を知りたい人はこちら!これ、ベストセラーです。

はじめての妊娠・出産安心マタニティブック―お腹の赤ちゃんの成長が毎日わかる!

はじめての妊娠・出産安心マタニティブック―お腹の赤ちゃんの成長が毎日わかる!

 

 毎日の日記のように読めて楽しいので、初産婦さんには本当にオススメ!ほっこり系のスピリチュアルネタもありますが、ちゃんと「ネタです」と明記してあります。経産婦さんはこれを読む心の余裕は無い気がしますorz...

サクッと読みたい場合はこちら

上の2つは大型本かつ分厚いので、読むを躊躇することがあります・・・その場合はサクッと読めるこちらがおすすめ。

産婦人科医ママの妊娠・出産パーフェクトBOOK-プレ妊娠編から産後編まで! (専門医ママの本)

産婦人科医ママの妊娠・出産パーフェクトBOOK-プレ妊娠編から産後編まで! (専門医ママの本)

 

 妊娠もトンデモ医学がはびこっているのですが、この本はちゃんと科学的に妊娠のトラブルシューティングをしてくれるので安心して読めます。こちらは初心者〜中級者向けだと思います。

赤すぐの体験談ってどこで募集しているんだろう

赤すぐの体験談ってどうやって募集してどんな人が書いているのか気になります。いい体験談もたくさんあるのですが、「うん???」みたいな体験談もすごく多いのですよね・・・。でも、読んでもらってなんぼなので、わざとそういう炎上ネタも入れているのかなと邪推もしてしまいます。

 

お役立ち情報がたくさん♩

にほんブログ村 マタニティーブログ マタニティーライフへ
にほんブログ村